エフ・フィールドのおこなう『いのちの授業』は、普段あまり意識する事のない「いのち」について子ども達に考えてもらう為のお手伝いをする授業です。
出前授業を通し、次世代を担う10才(二分の一成人)の子どもたちへ"いのちの使い方"と"いのちの尊さ"について『いのち=時間』という特徴的な視点から子どもたちへ問いかけていきます。
そして、『他人を"ゆるす"事の勇気』を持つ視点から、いじめをしない・させない第一歩に繋がるよう子ども達に考えてもらいます。

一見、10才の子どもには早すぎるような重要なテーマですが、先生だけではなく保護者の方々にも参加して頂き、子どもたちと一緒に『いのち』について考えていただく事で、有意義な授業(いのち=時間)になるよう活動をおこなっています。

出前授業には、エフ・フィールドの講師育成プログラムを受講した講師(1 名以上、通常 2 名)が伺います。日野原重明氏のDVD「十歳のきみへいのちの授業」をメイン教材として使用し、「いのち」に ついて考えるキッカケを作るお手伝いをおこなう授業です。DVD をご鑑賞いただいた後、実際に聴診器を使い お友だち や ご家族 、先生方の "心臓の音" を聴いて頂きます。 DVD の観賞や実習を通し、普段意識しにくい「いのち」を身近に感じながら、「いのち」について考えていただきます。
普段接することのない "心音" を聴く体験はとても評判が良く、子どもたちだけでなくご家族や先生方へも大変人気のある実習です。特に、親子で"心音"を聴き合う体験は、家族の絆を深める素敵な時間となり大変ご好評頂いております。
相手の「トントン トントン」という鼓動を直接 "耳から聴く" 体験は、子どもたちだけでなく大人たちにも身近な「いのち」を肌で感じさせてくれます。 実習を通し、直に「いのち」の重みを感じて頂いた後、他人を「ゆるす」勇気を持つ事の重要性なども子どもたちに考えて頂きます。実習体験をおこない、その体験を元に感想文にまとめていただくことで、子どもたちに『いのち』について、"考え"、"まとめる"時間を作る授業をおこないます。

出前授業のお申し込みはFAXにて受付致しております。
左の画像をクリック頂くか、下記リンク先より申込用紙のページへアクセス頂き、申込書をプリントアウト後、必要項目をご記入の上、FAXにてお申し込みください。
《出前授業申込書のページを開く》
講師の交通費は頂いただきますが、講師(特別講師を除く)の派遣及び授業は無料で行っています。尚、派遣される講師は受講頂く子ども達の人数により調整させていただきますこと、予めご了承ください。
出前授業等についてのご質問は下記よりお気軽にお問い合わせください。
《お問い合わせフォームはコチラ!》

100歳を超えるお医者さん(日野原重明氏)の体験を元に制作されたDVD「十歳のきみへいのちの授業」を鑑賞して頂きます。“いのち”への想いと10歳の子どもたちとの感性が交わる瞬間をまとめたDVDです。教職員やボランティアの方などが“いのち”を考える教材として使えるよう、制作されたDVDです。
お医者さんのおこなう“いのちの授業”のドキュメンタリー映像をアニメーションのお医者さんのキャラクターが案内する子どもたちにも大変わかり易い内容です。「いのち」という重要なテーマになりますので、大人の方が見ても充分考えさせられる内容となっております。

※子どもたちと一緒ご家族の方も参加し「いのちの授業」の DVD を鑑賞する様子。
保護者の方々にもご参加頂ける体験型の授業です。特に、親子で"心音"を聴き合う体験は、家族の絆を深める素敵な時間となり大変ご好評頂いております。

写真はクラス合同の出前授業の風景。聴診器を胸にあて、自分の鼓動を聞いている様子です。「トントン トントン」という脈打つ鼓動を聴く体験は、子どもたちに自分の「いのち」を再認識させてくれます。
※保護者(有志)の方々にもご参加いただき、教室の後ろで子どもたちと一緒に出前授業を受けて頂けます。