↑

エフ・フィールドの「 いのちの授業 」 出前授業

「いのちの授業」とは?
『いのち=時間』

エフ・フィールドのおこなう『いのちの授業』は、普段あまり意識する事のない「いのち」について子ども達に考えてもらう為のお手伝いをする授業です。
出前授業を通し、次世代を担う10才(二分の一成人)の子どもたちへ"いのちの使い方"と"いのちの尊さ"について『いのち=時間』という特徴的な視点から子どもたちへ問いかけていきます。
そして、『他人を"ゆるす"事の勇気』を持つ視点から、いじめをしない・させない第一歩に繋がるよう子ども達に考えてもらいます。

一見、10才の子どもには早すぎるような重要なテーマですが、先生だけではなく保護者の方々にも参加して頂き、子どもたちと一緒に『いのち』について考えていただく事で、有意義な授業(いのち=時間)になるよう活動をおこなっています。

出前授業とは?

エフ・フィールド いのちの授業 出前授業 について エフ・フィールド いのちの授業 出前授業 について エフ・フィールド いのちの授業 出前授業 について エフ・フィールド いのちの授業 出前授業 について エフ・フィールド いのちの授業 出前授業 について

出前授業には、エフ・フィールドの講師育成プログラムを受講した講師(1 名以上、通常 2 名)が伺います。日野原重明氏のDVD「十歳のきみへいのちの授業」をメイン教材として使用し、「いのち」に ついて考えるキッカケを作るお手伝いをおこなう授業です。

エフ・フィールド いのちの授業

聴診器を胸にあて、自分の鼓動を聞いている様子です。「トントン トントン」という鼓動を聴く体験は、子どもたちに自分の「いのち」を再認識させてくれます。
※保護者(有志)の方々にもご参加いただき、教室の後ろで子どもたちと一緒に出前授業を受けて頂けます。

エフ・フィールド いのちの授業

相手の鼓動「トントン トントン」という“心音”を直接 "耳から聴く" 体験は、子供たちだけでなく大人たちにも「いのち」を肌で感じさせてくれます。 実習を通し、直に「いのち」を感じて頂いた後、他人を「ゆるす」勇気を持つ事の重要性などを 子どもたちに考えて頂きます。

エフ・フィールド いのちの授業

ご希望があれば、保護者の方々もご参加頂ける体験型の授業です。特に、親子で"心音"を聴き合う体験は、家族の絆を深める素敵な時間となり大変ご好評頂いております。



エフ・フィールド

エフ・フィールドの入会について

エフ・フィールドの活動をご支援いただける方、一緒にご活動いただける方、ご連絡お待ちいたしております。